男の人

疲労回復と妊婦の便秘を解消|サプリで悩みをなくそう

ホルモンの減少による症状

下を向く女性

サプリでも緩和できる

更年期障害は女性ホルモンの減少が主な原因です。婦人科のクリニックではホルモン剤の注射などで治療しますが、副作用が怖いという方は少なくありません。また他の薬を飲んでいて、ホルモン補充療法が受けられない方もいます。漢方薬はホルモンを直接補充するのではなく、体調を整えて更年期の諸症状を緩和するのが特徴です。厚生労働省から認可を受けた漢方薬は、病院で健康保険の適用が受けられます。また一般の薬局で買える医薬品や、生薬を材料としたサプリメントもあります。重症の更年期障害を治療したいなら、医師の診断を受けることが大切です。しかし日頃のイライラや体の不調を改善するには、漢方のサプリメントを利用するのが手軽です。

体質に合わせることが大切

漢方では患者の体質に合わせて薬を処方します。体質には実証・虚証・中間証の3種類があり、それぞれに適した漢方薬があります。体質と薬が合っていないと、更年期障害が治るどころか悪化することもあるので注意が必要です。一般に実証はイライラや月経不順、虚証は冷えや貧血、中間証は冷えのぼせや肩こりなどの症状が現れやすいと言われています。症状ごとに薬を処方するわけではないので、1種類の漢方薬でさまざまな症状が改善できることもあります。そのため西洋医学の薬に比べて、必ずしも高価になるとは限りません。またサプリメントは効果は穏やかですが副作用も少ないので、いろいろ試してみて体質に合ったものを探すのも良いでしょう。